大分市議会議員選挙 立候補者説明会

2021年 大分市議会議員選挙の立候補者説明会 ブログ

2021年1月13日、大分市のコンパルホールにて、「大分市議会議員選挙 立候補予定者説明会」がありました。

3時間にもわたる説明・数百枚ほどの資料など、とにかく複雑な内容でした。

そこで今後立候補される方の参考になればと思い、説明会がどのようなものなのか、解説します。

説明会の雰囲気など

コンパルホール3階の多目的ホールキャパ3~400のホール。

密を避けるため、1テーブル2名(来ていいのも、1組(陣営)2名までと決まってました)受付で座席番号が決められて、60組の参加者。

検温・手指消毒。受付で、資料一式の入った袋を渡され、説明会開始。

メディアの方も多数いらしてました。

あちこちで名刺交換をされる方の姿も。

説明会の内容

まず、明るい選挙推進協議会会長からお話し。

(明推協・選挙の投票箱の形の「めいすいくん」がキャラクター)実は私も以前、明るい選挙推進協議会に参加していました。

これがめいすいくん(公益財団法人明るい選挙推進協会HPからの引用)

要望書が出されて、現実味が出たのか、気持ちが引き締まりました。

選挙に関する説明で、今回チラシ4,000枚が公費負担に追加されていました。これは助かりますね。

ただ選挙のポスター掲示板は、全長が10m以上の可能性ありとのことでした。

掲示板の数が、なんと703箇所・・・これ皆さん本当に貼るのでしょうか・・・?

知らない事が沢山ありました。

選挙広報と、記載所の掲示番号はそれぞれくじ引きなんですね。

ポスターは学校の敷地内に看板が建てられる事が多いので、ケガの危険を鑑みて画鋲は使わない…とか。

お金の事・提出書類の事など、間違いなく準備できるのか心配の方もおられると思いますが、事前審査をしてくれる仕組みがあるようで、その辺はフォローしてもらえるとのことです。

その後は郵便局・警察からの説明と続き、会は終わりました。

説明会や選挙の仕組みについての感想

とにかく仕組みが複雑で、注意すべき事ややってはいけない事が多いので、そこはかなり注意が必要です。

また実施するにはお金や時間がかかる(ポスター貼りなど)ものもあり、支援する団体などがバックについていない方は不利だなと感じます。

大分市議会議員選挙が、私たち市民にとって素晴らしい選挙であることを願います。

タイトルとURLをコピーしました