加来あや活動ファイルその1:初産婦さん応援講座

加来あや(2021年大分市議会議員選挙立候補者)活動ファイルその1初産婦さん応援講座 ブログ

多くの方に、私のバックグラウンドやこれまでの地域活動について知って頂きたく、動画を作成しました。

全部で10本あり、その1は「初産婦さん応援講座」です。

加来あや活動履歴その1:初産婦さん応援講座

私は大分市の地域活動に携わって15年以上経ちました。
その中で体験したことや、感じたいろんなことを、このチャンネルでお伝えします。
それによって大分市が、少しでも住みやすい良い街になることを願っています。


今日は、これまで私が公民館でやってきた、初産婦さん応援講座という地域活動についてお話しします。
これは私が、どうしてもやりたい!と思って企画した講座でした。

はじめて育児をする、お母さんを対象にした内容です。
しかしこれがなかなか実現しなくて、企画が通るまでに3年ほどかかりました。

どうして講座開催までこぎつけるのに時間がかかったかというと、早い話が費用対効果。
この講座をやることで何人の役に立つかということです。

ただ自分の経験から、はじめての子育てが難しくて、大変だったという思いがありました。

初めて親になった人たちの不安を少しでも減らすことはできないだろうか、同じような悩みを、一緒に共感できる、お友達作りのお手伝いができたら、少しでも気持ちを楽にしてあげたい。
そういう思いで取組んだ企画でした。

はじめて子供を持つということは、初めて親になるのだということ。
誰にでも初めてはあります。

それならママだけじゃなく、初心者パパもOKにしたらどうだろうと、しつこくしつこくお願いして、ベイビースマイルという講座を立ち上げることができました。

残念ながら今はもうその講座はありませんが、その時のママたちからは今でも連絡があります。
元気に成長したベイビーやその弟・妹たちのお顔を見せてもらった時は本当にうれしくて、あきらめずに講座をやってよかったと思います。

今でこそ20%の人が産後うつを経験することがわかってきています。
効果的な治療もあります。
しかし一方で、ワンオペ育児なんて言葉も使われています。
安心して子供を産み育てることができる環境を作るには、何より理解者が必要だと感じています。

少子高齢化・核家族化が進み・共働きが当たり前になりつつある現在、子育ての負担は増え続けていくでしょう。
子どもを持つ親として、身近な悩みに気づき、寄り添っていきたいと考えています。

応援、よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました